HOME>Review>安心できる物件に住むために!不動産選びで注目したいポイント

安心できる物件に住むために!不動産選びで注目したいポイント

婦人

不動産選びは物件だけでなく、周辺環境など条件も大切です。どのような部分に着目して物件を選べばよいのか分からない方は、賃貸契約の体験談などの記事を参考にしてみるのもオススメですよ。

レビュー一覧

耐震構造がちゃんとしてるかの確認は、大事だと思います。

50代にさしかかり、両親が年老いてきたため、茅ヶ崎市で両親と子供たちと2世帯で住むことができる物件を探していました。物件を選ぶ際に、最寄駅からの距離や商業施設などが周辺にあるかという点なども重要なポイントではありますが、耐震構造がしっかりしているかどうかも大事なポイントだと考えています。20年以上前の阪神大震災の時には、兵庫県に住むいとこの家が半壊しました。いとこの家族は無事でしたが「まさか関西にあんな大きな地震が来るとは思わなかった」と話していたことが印象に残っています。神奈川県は、大正時代の関東大震災以降、大きな地震の被害に見舞われていません。そのため、いつ大きな地震による被害に見舞われてもおかしくありませんし、関東大震災の震源地は相模湾で、茅ヶ崎市はその相模湾に面しています。茅ヶ崎市の暖かい気候と海に近いことが気に入っているだけに、ここに住むという点は譲る気はありません。幸い、管理職の立場にあって住宅にある程度のお金をかけられるため、安心に暮らせるためにも不動産屋さんとじっくり相談して、耐震構造のしっかりとした物件を探しています。
【50代|管理職】

周辺環境は要チェックですね。危ないところもあるので。

銀行に勤務しているので、転勤が多く今回は茅ヶ崎市に決まりました。茅ヶ崎市は、海が近いイメージしかなく、正直あまりよく知らなくて情報が少なかったため、妻と相談して周辺環境のことはよく調べました。子供がまだ小さいので、できるだけ落ち着いた環境で子育てしたいと考えています。調べてみると、同じ茅ヶ崎市であっても、再開発によって新しい高層マンションが建ち並ぶ所もあります。もちろん、私たちのような30代のファミリー世代が多く暮らすエリアもあれば、海岸近くのサーフィン好きの人の多い地域など地域によって住む人の層が違っていることが分かりました。また、夜になると茅ヶ崎駅近くの繁華街の中には、暗くてちょっと近寄りがたい区画もあり、不動産屋情報サイトでは分からない街の一面が見られたような気がしました。安心して暮らすためには、周辺環境は十分に調べておくことが大切です。
【30代|金融系】